生活再建には公的支援の活用を

岡山県内に甚大な被害をもたらした西日本豪雨。

生活再建の一助となる公的支援を紹介します。

----・----・-----

住まい

★被災者生活再建支援制度★

基礎支援金:全壊 100万円、大規模半壊 50万円

加算支援金:住宅建設・購入 200万円、補修 100万円、賃借 50万円

★住宅の応急修理★

対象:大規模半壊、半壊と判定された家屋

一世帯当たり 上限584,000円

★みなし仮設住宅★

県が民間賃貸住宅を借り上げ、無償で提供。

県負担:家賃、礼金、仲介手数料など

自己負担:光熱水費、駐車場料金など

入居:最長2年

★公営住宅、県職員住宅の空き住戸活用★

家賃:全額免除  入居:最長2年

※生活に必要な備品は県が別途用意

----・----・-----

生活資金

★災害援護資金制度★

上限350万円を貸し付け ※所得制限あり

★生活福祉資金貸付制度★

緊急小口資金:限度額10万円(無利子)

災害援護費:限度額150万円(連帯保証人がいる場合は無利子、いない場合年率1.5%)

※今回に限り利子補給あり

----・----・-----

減免など

★医療費の窓口負担★

保険証がなくても医療機関を受診でき、

床下浸水など一定の条件に該当する場合は窓口負担も免除

※10月末まで

★介護サービスの利用料★

保険証がなくても介護サービスを利用可能。

床下浸水など一定の条件に該当する場合は、利用料も免除

※10月末まで

★県税★

自動車税:廃車→月割で減額・還付 修繕→翌年度分の税額減免

自動車取得税:買い替え時に、被災自動車の残存価格に税率を乗じて減額など

----・----・-----

見舞金など

★災害弔慰金★

生計維持者が死亡した場合500万円、その他の人は250万円

★災害障害見舞金★

重度の障害を負った人に支給。

生計維持者250万円、その他の人は125万円

----・----・-----

申請に必要な書類やその他注意事項などは本庁や支所、出張所に

お問い合わせください。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

11月 2018
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 10月   12月 »

最近のコメント

    ページ上部へ戻る