「災害ADR」受付開始 弁護士が間に入ってトラブル解決をお手伝い

岡山弁護士会は8月10日から、平成30年7月豪雨災害に伴う民事トラブルに対応する「災害ADR(裁判外紛争解決手続き)」の受付を開始しました。

※「ADR」とは裁判所を介さずに行われる和解手続きのことです。「災害ADR」では申し立ての手数料が無料となり、和解が成立した際の手数料は通常の半額となります。

東日本大震災や、熊本地震でも活用され、多くの解決に繋がりました。

(↑チラシの画像です)

 

こういったことで悩んでいませんか?

  • お隣さん同士で、土砂の撤去で揉め事になっている。
  • 借家だけど、大家さんとトラブルになっている。
  • 会社から給料が出ない。
  • 取引先が、災害の影響でお金を払ってくれない。

あらゆる問題に、弁護士が仲裁人となり、非公開の手続きで解決に当たります。

直接話をすると、トラブルになりやすいので、第三者である弁護士を間に立てて、話し合いの場を持ってみませんか? いきなり裁判ではなく、ぜひ災害ADRをご活用ください。

 

簡単に負担少なく利用できます

【Q】どのように申立書を作ってよいか、分かりません…
→ 大丈夫です。難しい法律問題は、申立てサポート弁護士がお手伝いして作成します。

【Q】費用が心配です…
→ これらの申立にかかる費用や、サポート弁護士の費用は、無料です。合意が成立したとき、チラシに書いてある手数料を戴きますが、通常の半額にしており、過度な負担はありません。

【Q】 遠くまで出向くことが出来ません…
→ 岡山弁護士会館の他に倉敷駅前の倉敷駅西ビル8階など、各地での開催を予定しています。

まずはお気軽にお電話を

◼️岡山弁護士会「災害法律相談無料電話相談ダイヤル」

0120 – 888 – 769

(土・日・祝日を含め 12:00 〜 16:00 に繋がります)

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

4月 2019
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
« 3月   5月 »

最近のコメント

ページ上部へ戻る