(岡山市) 「みなし仮設」既に入居していても、後から適用できます

 

この度の豪雨災害で家屋が被害を受けた方は、災害救助法に基づき、次の制度を使えます。

●民間賃貸住宅借り上げ(みなし仮設住宅)制度・・・自宅が修理不能で、自らの資力では住居が確保できない方

●住宅の応急修理制度・・・日常生活に必要不可欠な部分を緊急に応急修理する

これらの制度はどちらかしか使うことができません。

 

主な条件は以下の通りです。

<みなし仮設住宅制度>

①自宅が「半壊」か「大規模半壊」か「全壊」で修理不能

②家賃は無料(入居できる物件の家賃の上限は人数によって異なる)

③入居期間は2年まで

④光熱水費などの自己負担有

⑤既に入居している場合でも、一定条件により制度の対象となる

問合せ先・・・岡山市住宅課(電話086-803-1466)

 

<住宅の応急修理制度>

①自宅が「半壊」か「大規模半壊」

②対象箇所が限られています(ドア等の開口部、上下水道の配管、トイレなど)

③限度額は584,000円

④写真が必要(修理前、修理中、修理後)

⑤既に修理が完了して支払いを済ませている場合は対象外

問合せ先・・・岡山市建築指導課(電話086-803-1446)か住宅課(電話086-803-1466)

 

住宅の応急修理とみなし仮設(岡山市ホームページ)

みなし仮設について(岡山県ホームページ)

不動産情報サイト「住まいる岡山」の対象物件リスト

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


イベントカレンダー

11月 2018
    1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   
« 10月   12月 »

最近のコメント

    ページ上部へ戻る